復縁成功へ向かって今日もハッピーに過ごしましょ^^


前回の記事
復縁Q&A~復縁のタブーをおかしてしまったら復縁はもう無理?~ を読んで

「この行動はタブーになる?」「これはタブーの内に入らないですよね?」

などなどメールを下さった方々

タブーな行動とは、ようは「お相手が嫌がる行動」の事です。

なので、「もし自分だったら、どうされたら嫌なのか」
を考えれば、自然に答えは出てくるはずですよ☆

この「タブーな行動」っていうのは、
わたし自分自身が、「復縁を望まれてる時に、されて嫌だった事」

そして、私が今まで見てきた関わって来た大勢の人達
沢山の破局したカップル、復縁したカップルや夫婦

などの、生の経験や現場を見てきた上で書いています。
(現場っていう言い方は刑事みたいだけどw)

復縁本とかでは違う事も書いてあるかもしれないですが
基本的には皆「相手が嫌がる事をしない」という意味で書かれてると思います。

なーんて偉そうに書いてるけど、ご存じの通り
私もメチャメチャ タブーな行動しまくりでしたけどねww

あはは(゚▽゚*)(*゚▽゚)あはは


・・・・・・・・・○| ̄|_


復縁 別れの原因を分析する


おはようございます、田巻です^^

大人になると色々と小難しく考えがちで
「本質」を見失ってしまう事って多いですよね。

その点、子どもの目線って改めて凄いなーと思った読みものがありました。

何か感動して、かなりジーンときちゃったよーーっ!

子ども達に「愛とは?」と質問をし
その質問にたいしての、子ども達の解答集です


愛とは
おばあちゃんが関節炎になっちゃって
かがんで足の指にお絵かきできなくなっちゃった。

だから、おじいちゃんがいつもやってあげてるの。
おじいちゃんの手が関節炎のときも。それが愛。
Rebecca – 8歳

愛されてるときって名前の呼ばれ方が違うんだ。
呼びやすいんだなあってわかるよ。
Billy – 4歳

愛っていうのは、女の子が香水つけて
男の子がひげそりコロンつけて、一緒に出かけて匂いかぎっこすること。
Karl – 5歳

愛っていうのは、外食に行ったときに
フライドポテトを誰かからもらうんじゃなくて
自分のをほとんど誰かにあげてしまうこと。
Chrissy – 6歳


愛とは、疲れたときに笑顔にしてくれるもの。
Terri- 4歳

愛は、ママがパパのためにコーヒーを入れてあげて
パパに渡す前にママが一口味見をすること。
Danny- 7歳

愛をより良く学びたいなら
嫌いな友達を愛することからはじめるべき。
Nikka- 6歳


愛とは、あなたがある男性に彼のシャツが好きだと伝えたら
彼が毎日それを着るようなこと。
Noelle- 7歳

愛とは、お互いのことを知り尽くしていても
なお友達でいられる小さなおばあさんと小さなおじいさんのようなもの。
Tommy- 6歳

愛とは、ママがパパのことを
臭くて汗まみれだと思ってもまだ
「ロバート・レッドフォードよりハンサムだ」と言うこと。
Chris- 7歳


愛とは、一日置き去りにしていても、子犬が顔を舐めてくれること。
Mary Ann- 4歳

愛とは、ママが、パパがトイレに入ってるのを見て
気持ち悪いと思わないこと。
Mark- 6歳

本気でないなら「愛してる」と言うべきではない。
でも、本気ならおおいに言うべき。みんな忘れている。
Jessica- 8歳



日常にある「小さな幸せ」を見つける能力って
大人になると何で無くなってしまいがちなんでしょうね?

大人になると、「見栄」をはる事に敏感になって
どうしても周りと比べてしまう事も多いから

「今あるもの」よりも「無いもの」に目がいってしまうのかな?って思います。

復縁を目指してる皆さんも、お別れをして改めて
「お相手の大切さ」に気付いた方も多いと思います。

いま、悲しくてツラくてネガから抜けられなくて・・・という方も

あなたは「復縁をして幸せになる決断」をされた訳ですから
これからは、「不足」のみに目を向けない様

今の普段の日常にある「小さな幸せ」も見つけていって
気付いていける様、過ごしていって欲しいなーと思います^^

あなたの幸せ能力度が上がれば上がるほど
あなたには沢山の幸せが降り注がれてきますからね
これは潜在意識の法則ですよ☆忘れないでね^^



今日もあなたにとって素敵な1日になります様に(*´∇`*)




関連記事
 カテゴリ
 タグ