「頭では分かってるんだけど
心が追い付かない・・・・」

じゃあ、そういう時はどうすればイイでしょう?


潜在意識 復縁 片思い 失恋 111


ブログを読んで下さった方々から
感想をいただく時、この上の言葉が
メール内によく使われてます。


うん分かる!
私もそうだったから笑
これ、あるあるだよね^^


例えば

★復縁したいお相手に対し
相手のNOを受け入れなきゃいけないのは
頭では分かってるけど
心が追い付かなくて
どうしても縋(すが)ってしまう

★嫌な妄想を止めないといけないのは
頭では分かってるんだけど
どうしても止まらない><

★彼(彼女)に対する怒りを
ずっと持ち続けても仕方ないのは
頭では分かってるんだけど
心が追い付かない

などなど、色々とあるんですが
じゃあ心を追い付かせるには
どうしたらイイか一緒に考えてみよう


失恋 復縁したい 081 @@


本題に入る前に!!

またまたメール不達があるよ。゚(゚´Д`゚)゚。

4月2日の06時19分にメールを下さった
4回コースのA・Cさん

質問シートが戻ってきましたー><

昨日の記事にも書いたんだけど
メールが戻ってくると私
メチャメチャ焦ってしまうので
お願いだから受信設定のほうを
宜しくお願いしますです。゚(゚´Д`゚)゚。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


話を戻しまして。

「頭では分かってるんだけど」
っていうのは

「顕在(けんざい)意識では分かってる」
と同じなので、100パーセントのうち
3~6パーセントしか分かってない
って事なんです

なのでこれは「わかってる」んじゃなく
「知ってる」
ですね^^;

ほとんどが
「知ってるけど、する気になれない」
「したくない」
ってことになるはずーーっ。


上の例で言うと

相手の「NO」を受け入れなきゃ
とは頭では分かってるけど
どうしても縋ってしまう


っていうのは
「心に従う」とかじゃなくって
暴走車と一緒ですww

お相手に一方的に「通行止め」にされるまで
その暴走を続けるか
自分でブレーキを踏むしか無いんですね。

じゃあ、顕在意識じゃなく
潜在意識から「分かる様になる」には
どうすればイイか?って事なんですけど

いま必要なアウトプットを
コツコツと地道に
続けていくしか
無いんです


だって潜在意識には
繰り返しが必要だからね!


「縋りまくるのはヤバい」」「したくない」
と心の底(潜在意識)から思うには
まずは1日それをストップさせる

そしてまた1日、さらに1日と
日々繰り返していきながら
「自制心と闘う」んじゃなくって
自分を苦しませるのをやめる事

それを続けていくの。
(縋るのは自分をも苦しめる行為なので)


嫌な妄想が止まらない!っていう方達も
望まない方向に焦点を当てるんじゃなく

「じゃあ自分の望みは何?」と問いかけ
違う方向に焦点を当てるとか

復縁を始め、その悩みと全く関係のない
「気持ちが落ち着く事」に
目を向けるとか

それを繰り返し繰り返し
続けていくんです。そうすると

「自分は不快な感情で過ごすより
快の感情で過ごす方が
楽ちんなんだ。

嫌な妄想に縛られながら
悶絶する時間はもう嫌なんだ!」


っていう風に自然になっていくからね^^

だって潜在意識は
習慣が大好きだから。


不快な感情で過ごすのも
結局は「癖」なんですけど
「癖」を直すのって結構大変じゃないですか?

大体の人は、その「癖」を直す事が
「大変」「苦労」「努力」
という事になっちゃうから

「潜在意識を意識するのに疲れた」

って言葉が出てきちゃうんだよね><


というか、「感情を快」にするって
ワクワクハッピーでいよう!って事じゃ
ないですからね。

たくさん泣いて心を浄化するのだって
「快に持っていく」のと同じなんです。

常にワクワクハッピーで居ようとして
自分の負の感情にふたをしてると
後で大きなネガがドンと来たりして
躁鬱みたいになっちゃうから
悲しい時は我慢せず泣きまくって
気持ちを軽くしていってあげて下さい

ワクワクハッピーに拘りすぎない様
気を付けていきましょう☆


明日もあなたにとって
素敵な1日となります様に(*´∇`*)

田巻のメールセッションはコチラ


にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
P・S

あ、そうそう。

何で「泣く事」も快に含まれるか?
っていうと

とっ散らかった部屋を綺麗にするには
豪華な家具を備え付けたり
お花を沢山飾るだけじゃないですよね?

物を捨てることや片づけることも
含まれるじゃないですか?

泣く事ってそれと同じなんです。
自分の感情を整理してくれるし
ストレスやら何やらを洗い流してくれるから^^

だからって無理に泣くことは無いけどね!笑
泣きたいときは我慢しないで、って事です




関連記事